株式会社山成

愛知県の地盤改良(Hyspeed工法)・地盤調査・沈下修正の事なら株式会社山成へ!

HySPEED(ハイスピード)工法とは!?

HySPEED(ハイスピード)工法とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

天然素材である「砕石」を圧密して1本のパイル状に作り上げて行く工法で、砕石のパイルとパイル周辺の地盤の支持力を複合させて地盤の支持力を高める工法です。

●砕石パイル形成

valve2

1:HySPEEDドリル(直径400mm)により地盤を掘削

2:天然砕石(直径20~40mm)を投入

3:砕石厚30cm程度にハンマー転圧(ピストンバブル)をして、十分しめ固めしながら地表まで砕石パイルを構築します。

締め固めの効果は、一般的に直径400mmで掘削したものに直径450mm分の砕石を使用し、掘削壁にその砕石を食い込ませ、砕石パイル周辺に圧密を促進します。

HySPEED工法

«