株式会社山成

愛知県の地盤改良(Hyspeed工法)・地盤調査・沈下修正の事なら株式会社山成へ!

地盤改良

見えないところだからこそ・・・・!

住宅建築で、内装など目に見える部分で悩まれる方は多いですが、

目に見えない部分…特に地盤については軽視しがちな風潮があります。

昨今…住宅事情の変化により宅地不足を補うために、軟弱地盤にも人工的に手を加え宅地として使用される事が多くなっています。

「縁の下の力持ち」と言ったことわざもあるように、見えないところで建物を支えているのは地盤です。

今一度、地盤について考えてみませんか?

地盤に潜む危険について

下記の表は「欠陥住宅110番」に寄せられた新築建物の苦情の内訳です。

kujyo

全体の約55%が地盤事故に起因する苦情になります。

私は大丈夫と思っているかも知れませんが・・・地盤事故のおこる割合は、1000件に7件以上起きています。

火災事故が1000件に4~5件と言われていますので、その件数の多いことがうかがえます。

また、実際に地盤事故の修復費ですが…平均600万円!最悪な場合は、取り壊して建て直しなんて場合もあります。

安心して暮らせるお住まいのために、地盤調査結果に基づいた適切な地盤補強・地盤改良を行うことが必要です。

天然木で家を支える!環境に優しい地盤補強工法 環境パイル工法

従来の補強工法では、鉄・セメントを使用していましたが、ご紹介する環境パイル工法では使用する部材(環境パイル)にエコマークを取得した環境に優しいエコロジーな地盤補強工法です。

 

特徴としまして
・地盤補強に使用する環境パイルはエコマークを取得!
全ての部材にJAS製品またはAQ認証品として認証マーク製造年月を記載されています。

・従来の地盤補強工法で使用していたセメント・鉄を環境パイルに置換することにより1棟あたりCO2を約10t削除でき 六価クロム等の環境汚染の心配もありません。

詳しくはこちらへ

特殊条件の地盤補強対策なら! ジオクロス・ユビファ工法

文化財埋蔵地域で深層まで改良ができない!

現場の搬入路が非常に狭く重機の搬入が難しい!

特殊条件での地盤改良でお困りの方へ「ジオクロス・ユビファ工法」の紹介です。

こちらの「「ジオクロス・ユビファ工法」は住宅専用軟弱地盤補強工法として開発されたクロス(織布)を砕石で挟むことにより摩擦力によるハンモック効果を発現することで、建物の沈下及び不同沈下を低減する工法です。

ジオクロス工法 紹介2ジオクロス工法 紹介1

地盤補強に使用するのは、軟弱地盤補強用シート・止め金具・手で持てる範囲の工具一式と非常に少ない資材での施工が可能です。

重機の入らない極小地

現場の高低差が激く搬入に問題のある現場

諸条件で従来の地盤補強工事ができない現場

での地盤補強工事にお困りの方、お気軽にお問い合わせください。

詳しい説明はこちらのページへ→→→ユビファ