株式会社山成

愛知県の地盤改良(Hyspeed工法)・地盤調査・沈下修正の事なら株式会社山成へ!

商品

目地補修・ひび割れ補修のシーリング材の剥がれ防止・耐久性向上工法!Tカット工法

従来のUカット・Vカットでは、紫外線・経年劣化等により注入しているシーリング材のやせ細りや接着面積の少なさによって接着粘力が低下し、剥離・脱却が起きて補修箇所から漏水するなど構造本体の強度低下の原因になっていました。

Tカット工法は、目地部補修箇所の奥側部分に専用工具を使用して、奥行を広げT字に溝を加工した工法です。

T字の溝により、従来工法より奥行きが広く接着面積が多くなるためシーリング材の剥がれ落ち・耐久性が向上します。

Tカット-1

Tカット-2

詳しくはこちらへ

コンクリート補修・劣化防止に!コンクリート含浸材「コンクリートキーパー」

コンクリートキーパーとは、ケイ酸リチウムを主体に、シランを配合しているコンクリート含浸材です。これまでの含浸材では実現できなかった、けい酸塩系の浸透性に加えて、シラン系の耐摩耗性・シール性など、両方のメリットを備えています。また、トップコート材であるコンクリートキーパーneoは単独でお使いいただける上、コンクリートキーパーを添布後に重ね塗りすることで、耐摩耗性・撥水性をさらに増進します。

CK 劣化防止

詳しくこちらへ

 

日本一楽なコンクリート構造物補修工法 LCユニット工法

LCユニット工法は、大学などの専門家と構優連により手間のかかっていた劣化コンクリート構造物の

補修工事を速く!簡単!高品質!にをコンセプトに開発されたコンクリート構造物補修工法になります

LCユニット

LCモルタル・ユニット鉄筋・LCラクール・認定試験制度からなるパッケージ化されたハイブリッド工法により他の工法にない安定した品質・現場施工の省力化を実現した専用工法です。

ユニットモデル(文あり)

◆施工風景◆

LCユニット_現場

 

詳しくはこちらへ

特殊条件の地盤補強対策なら! ジオクロス・ユビファ工法

文化財埋蔵地域で深層まで改良ができない!

現場の搬入路が非常に狭く重機の搬入が難しい!

特殊条件での地盤改良でお困りの方へ「ジオクロス・ユビファ工法」の紹介です。

こちらの「「ジオクロス・ユビファ工法」は住宅専用軟弱地盤補強工法として開発されたクロス(織布)を砕石で挟むことにより摩擦力によるハンモック効果を発現することで、建物の沈下及び不同沈下を低減する工法です。

ジオクロス工法 紹介2ジオクロス工法 紹介1

地盤補強に使用するのは、軟弱地盤補強用シート・止め金具・手で持てる範囲の工具一式と非常に少ない資材での施工が可能です。

重機の入らない極小地

現場の高低差が激く搬入に問題のある現場

諸条件で従来の地盤補強工事ができない現場

での地盤補強工事にお困りの方、お気軽にお問い合わせください。

詳しい説明はこちらのページへ→→→ユビファ

基礎補強工事システム「がんこおやじ」

建物基礎のひび割れ・クラック補修に基礎補強工事システム「がんこおやじ」のご紹介です!建物を支える大事な基礎のひび割れ・クラック補修・・・高額では?と心配になってしまいますが、低コスト・高強度・高耐久性と新築当時以上の耐震性を持った補強が可能です。重機を使用せずに短期工事を行うことにより低コストを実現しました。

 

施工イメージ1

詳しくはこちらへ

赤外線サーモグラフィーを利用した雨漏り調査

赤外線サーモグラフィーによる雨漏り調査の取り扱いを行っています。

従来の目視・散水試験による雨漏り調査に加え赤外線サーモグラフィーによる撮影を診断に加える事によりスピーディー&高精度な調査が行えるようになりました。また調査結果も、赤外線サーモグラフィーによる撮影結果を添付することにより、非常にわかりやすい報告書でお客様に大変ご好評です。

気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

ITDI パンフ11 ITDI パンフ22

詳しくはこちらへ